集中力を高めてくれるブドウ糖を含む食品はどれ?

仕事や勉強など、長時間集中したいと思ってもなかなかその集中力が続くない!と悩んだ経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
そもそも人間の集中力の限界は数十分だという説もあります。ですが仕事や勉強の効率を上げたい人は、集中力を向上させたいと願っていると思います。
そんな方に参考にして頂きたいのが将棋の棋士の対局中に食べている「おやつ」です。
将棋界では有名な話のようですが、対局中、あらゆる手を先読みする棋士の方々は脳で多くのカロリーを消費すると言われています。
思考能力を高めるためにブドウ糖を摂取して、脳をフル回転させ、対局に挑んでいると言われています。
脳のエネルギー源はブドウ糖だけと言われているため、ブドウ糖が枯渇すると思考能力も低下してしまうとされています。
ブドウ糖は食事から摂取できますが、食事と食事の間の時間でブドウ糖が枯渇してしまった際には、おやつなど手軽にブドウ糖を摂取できる食品で補ってあげることで脳はまた活発に働いてくれます。

食事の際には炭水化物を食べるのが良いと言われていますが、炭水化物だけを摂取するのでは脳のパフォーマンスが向上するとは言えないそうです。
タンパク質を分解して作られるアミノ酸も脳の神経伝達のために必要とされています。
ラーメンだけ、麺類だけという食事よりも、魚定食のように、ご飯などの炭水化物と共にタンパク質も摂取できる食事が良いと言われています。

食間のブドウ糖摂取には何がいい?

ブドウ糖を意識した食事したのに、脳を使うことが多い仕事や勉強の人はブドウ糖の不足が起こります。食事をする時間はないけれどブドウ糖を摂取したい!という方は、タブレット状のラムネがおすすめです。
お菓子として昔から販売されているので、多くの人はラムネを知っていると思います。
最も有名なラムネは森永製菓のラムネだと思います。1973年から販売されているラムネで、日本人なら一度は食べたことがあるのではないでしょうか。
このラムネの減量は、ブドウ糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム・酸味料、乳化剤、香料(一部ゼラチン・乳成分)で構成されています。
乳化剤や香料が使われていることは少し気になりますが、1粒あたりのブドウ糖割合は90%なので、ブドウ糖を手軽に摂取したい場合は森永製菓のラムネがおすすめです。
最近では、昔からのボトルタイプの物に加えて、袋タイプの大粒ラムネなどもあります。
大粒ラムネは1粒当り1gで、そのうち0.9gがブドウ糖です。
また、さわやかな味わいなので気分もスッキリする感じがあります。ブドウ糖を摂取しながらも、爽やかな味わいで気分をリフレッシュすることができます。

棋士の方々の様に、戦略を考えるときや、勉強に集中したいとき、アイデアが浮かばない!というときにはブドウ糖を摂取して、また仕事や勉強に向き合ってみると気分も代わって集中力が高まるかもしれません。
忙しい毎日を送っている方にこそおすすめしたいです。ここぞというときの集中力を高めたいときのためにラムネを常備しておくのもおすすめです。